レモンパックはシミが増える!?

昔からよく聞くレモンパックってありますよね。
その名の通り、薄切りにしたレモンを顔に乗せてパックするあれ。
「美容のためとはいえ、食べ物をパック代わりに使うなんて……」と抵抗があり、実践した事はないんです。
レモンはパックとして使うよりも、そのまま食べた方が美味しいし、美肌効果も期待できる!

20161110

もちろん、「もったいない」以外にもちゃんとした理由があって、実はレモンパックってむしろ美容に悪くて、老け肌を促進させてしまうんだそうです。
一言で表現すると、「シミができやすい肌になる」という事。これは嫌だ!
レモンパックをして「これで肌が綺麗になる♪」とウキウキしていても、実は肌にとってはマイナスの方が大きくて、パック前より状態が悪くなってしまう事も……。

詳細は私がつらつら語るよりも専門サイトを見ていただいた方がわかりやすいと思うので割愛しますが、「やっぱり私の方が正しかったんだ!」とちょっと安心しました(笑)
ただ、食べるだけならOKと思いきやそうでもなく、レモンには紫外線の影響を高める効果を持つ成分が含まれているので、食べる時間帯にも気を付けないといけないんだとか。
フレッシュな果物なので朝食にちょうど良いと思っても、美容を意識するなら日中は避けた方が良いという事ですね。

いずれにせよ、知らないとうっかりやっちゃう人がとても多そうです。
もちろん、「レモンは美容にNG」なんて事はありません。食べた後、紫外線を浴びなければ良いだけの話です。
レモンは酸性が強すぎて肌に悪く、さらに紫外線の影響を高めるというコンボが決まってしまっているので、パックには使わないように……というわけなんですね。
今までレモンパックで美容効果を得られた人がいるかどうかは不明です。いるかもしれないけど、それはその他のケア方法が良かったからかもしれません。

そういえば、もうレモンパックを使った美容法って全然聞かなくなりましたね……。
市販される商品の質が向上したというのもあるでしょうけど、「肌に悪い美容法」という事がわかったから……なのでしょうか。